このガジェットでエラーが発生しました

Twitter

Twitter

ナカニシヤ出版:新着情報(HATENA::BOOKMARK)

ナカニシヤ出版:新着情報(hatena::Keyword)

ナカニシヤ出版:新着情報(Yahoo!)

2009年11月11日水曜日

いざというときの育児の外部サポート利用


今日のニュース
託児サポーター:教職員の仕事と子育て両立 学生が託児 山形大が来月から /山形(毎日新聞)

お奨めの一冊
ワーキングママの本音

(前略)さて今の世の中育児はいろいろ大変なわけですが、探してみれば外部のサポートもいろいろあります。代表的なものはベビーシッターや自治体のファミリー・サポートなどです。
実際どのくらいの人が外部に頼っているのかを調べてみたところ、案外利用者は少ないことがわかりました。今回のインターネット調査によると、母親の勤務形態にかかわらず、半数以上が「利用したことがない」でした。比較的多いのは保育園の一時保育で、二四%の人が利用していました。近所の人に預かってもらったことのある人は約1割で、近頃は近所の人にお願いする機会が減っているようです。民間のベビーシッターはさらに少なく六%のみでした。(後略)(「第5章 核家族時代の子育てノウハウ(対策編)」より一部抜粋